社会動態の変化 | 小松市周辺の不動産をお探しなら株式会社ミヨシ開発にお任せ下さい。

株式会社ミヨシ開発
電話番号0761-21-1919
友だち追加
社会動態の変化

みなさま、おはようございます。

本日日経新聞さんの紙面で東京圏内からの転出者が4月~7月にかけて増加しているという

記事がありました。転入先として、北海道、沖縄、長野などが人気のエリアとのことでした。

新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、地元に戻ったり、他の地域への移住を決意した方々

が増えているニュースが見られますが、小松市はどうかな?と気になり調べてみました。

小松市の転入・転出を見ていくことにします。市が発表している統計データによりますと

転入:474人(4月)、195人(5月)、242人(6月)、368人(7月)、231人(8月)

転出:445人(4月)、181人(5月)、297人(6月)、260人(7月)、264人(8月)

4月から8月までの転入者から転出者を差し引いた数は63人増でした。

なお、今回は自然動態は算入しておりません。

令和元年度の同時期は250人増加で、平成30年は421人増、平成29年度は19人増と

統計データだけでは、今のところ、際立って移住者が増えているというわけではなさそうです。

ただ、不動産業を営んでいる立場から、実感として、移住者、また、地元への戻ってくる方々

が年代を問わず、増えているように感じます。

近年の社会動態による転入者の増加はイオンさん関係者、小松大学の学生さんなどでしょうか?

より詳細な分析が必要となります。

投稿日:2020/09/16   投稿者:道場 肇