基準地価

みなさま、おはようございます。

本日は昨日、国道交通省より発表された土地の指標(基準地価)についてです。

基準地価とは、都道府県が全国2万箇所において不動産鑑定士によって調査した土地の指標です。

今年の7月1日時点での地価であります。あくまで目安であり、実勢価格とは異なります。

小松市内は住宅地で14か所、商業地で6か所、工業地2か所の計22か所を調査して

上昇は2か所、横ばいは2か所でありました。その他18か所は下落でありました。

上昇したところは次の通りです。(坪単価に換算しております。)

商業地

小松市日の出町1丁目147番外 6,611円アップ 274,380円/坪(昨年が267,768円/坪)

小松市龍助町32番外 3,300円アップ 153,719円/坪(昨年が150,413円/坪)

横ばいは次の通りです。

商業地

小松市園町ハ182番1外(247,933円/坪)

住宅地

小松市沖町レ55番(155,371円/坪)

平均の変動率は小松市は横ばいでしたが、実際上昇した箇所は駅前の2か所で

今後も駅前を中心とした投資が引き続き加速するように感じます。

 

投稿日:2020/09/30   投稿者:道場 肇