空き家活用

みなさま、おはようございます

本日は、昨日行われた小松市議会で報告された「空き家活用」についてです。

北國新聞さんによりますと、これまで空き家バンクに登録した362件のうち、

341件が賃貸もしくは売買契約が成立したとのことです。

なんと、94%で再活用されているとは、空き家バンクの認知度が高いことが伺えます。

というのは、小松市ではいち早く空き家問題に着目して、他の市に先行して

2010年に「小松市内空き家・空き室・空き地バンク」を始めました。

また、担当者は空き家問題に対して積極的に取組み、指導・助言を行っております。

弊社は微力ながら、特定非営利活動法人小松空き家相談センターを有志で設立して空き家問題に対して取り組んでおります。

小松市 | 小松空き家相談センター (wixsite.com)

空き家問題は放置することによって、街の価値が低下するとともに、

老朽化などによる倒壊の恐れがあり、近隣に迷惑をかけることがあります。

行政と民間が一体となり、空き家問題に取組みことにより、より住みよい街になると考えます。


投稿日:2020/12/09   投稿者:道場 肇