中小企業人本経営プログラムからの学び(パート2) | 小松市周辺の不動産をお探しなら株式会社ミヨシ開発にお任せ下さい。

株式会社ミヨシ開発
中小企業人本経営プログラムからの学び(パート2)

みなさま、こんにちは

本日も中小企業人本経営プログラムからの学び(パート2)です。

人本経営プログラムで取り上げられる企業は

人財をコストではなく、資産として、教育・福利厚生などに積極的に投資をしている、

人づくりに特徴がある企業ばかりです。

日本の人口は2008年の約1億2800万人をピークに毎年40~50万人づつ減少していて、

2060年には約8674万人まで減少すると言われています。

2025年に団塊世代が75歳以上になり、人口の4人に1人が75歳以上となります。

2040年には団塊ジュニア世代が65歳以上になり、人口の約36%が65歳以上になります。

65歳以上の人口も2040年を境に、減少すると言われていて、

2060年には全人口の4割が65歳、約28%が75歳以上になると推計されています。

そのような中、2050年に再生エネルギー社会になり、エネルギーのあり方が劇的に変わる世の中になります。

これから30年は高齢者と再生エネルギーに対応することが求められます。

また、安心する食、医療・福祉といった健康がITとどのように組み合わさり、発展していくのか。

色々世の中が変わることが予見されます。

不動産業に関わる課題としては空き問題が挙げられます。

2015年の小松市の調査によると、空き家は2077戸、年間200戸増加、全世帯数(38,087世帯)の5.4%、高齢者単身世帯が21.8%(8,312世帯)あり、空き家予備軍と言われています。

空き家の放置は治安の問題、街の活性化を阻害します。

空き家の現状と活用方法について個人的に興味があり、これから、事例研究を通して調査したいと考えます。



 

 

投稿日:2021/01/17   投稿者:道場 肇