浸水区域指定 | 小松市周辺の不動産をお探しなら株式会社ミヨシ開発にお任せ下さい。

株式会社ミヨシ開発
浸水区域指定

みなさま、こんにちは

本日は、浸水区域指定についてです。

本日付日経新聞さんの記事によりますと、国土交通省は全国に約2万ある中小河川について、

洪水などが起きたときの浸水想定区域の指定を義務付けるため、近く、水防法改正案の提出を目指していると

ありました。

現在は1割程度の大規模河川に限り義務付けられておりますが、中小河川にも広げるとの方針です。

現在指定が義務付けられていない約2万河川のうち、水害リスク情報を出しているのは約2割の4千河川に

とどまっているとのことです。

さて、小松市が提供する洪水ハザードマップは梯川といった大規模河川だけでなく、

前川、八丁川、新堀川、鍋谷川、動橋川といった中小河川を含む浸水区域が網羅されています。

また、1000年に一度の降雨を想定した浸水想定地域に基づいた洪水ハザードマップになっていて

他の自治体より一歩進んでいるといえます。英語でのハザードマップもありすばらしいですね。

詳しくは下記URL(市のホームページ)をご参照ください。

小松市洪水ハザードマップ/小松市ホームページ (komatsu.lg.jp)

 

投稿日:2021/02/02   投稿者:道場 肇