最近見たDVD

みなさま、こんにちは

本日は最近みたDVD(ザ・メッセージシリーズⅡ樋口 廣太郎)のご紹介です。

ザ・メッセージシリーズは、経営者のインタビューをもとに、一つの成功ストーリーとして作られていて、それぞれ興味深い内容になっています。なぜ、樋口 廣太郎さんを選んだかといいますと、人間味があり、人を惹きつける魅力を感じたからです。樋口 廣太郎さんは三井住友銀行に入行後、最年少で副頭取まで出世しましたが、融資方針について頭取と対立して、三井住友銀行を退き、アサヒビールの社長になる道を選択しました。樋口さんが社長になった1985年当時のアサヒビールは30年間ビールシェアが下落していて、一桁台(9.6%)まで落ち込むなど、厳しい状況下にありました。

なぜ、数ある企業の中でアサヒビールを選んだかといいますと、一番業績が悪く困っていて、自分が何とかしないといけないと思ったからというから、すごいです。

逆境こそ絶好の好機という信念をもとに、社員の心に灯をともし、1987年のスーパードライのヒットにより、シェア24%まで回復させました。

勉強になったことは次の点です。

①情報の大切さについての語りです。「情報」は情けに報いると書きます。発信する方は、相手のことを想い、また、受信する方は、「ありがとう」という感謝の気持ちを持つことが大切であります。「そんな情報は私には関係ありません」、「もう聞いている内容です」といったむげな対応は情報の価値を下げます。

②「信は基なり、財は正なり」っといった言葉も勉強になりました。

その意味は、売上を稼ぐことは大切なことでありますが、信用を築くことがその基となるという意味です。

③琵琶湖の湖は周りより地形が低くなっていて、そのおかげで水が集まるとのくだりです。人間も一緒で、低い姿勢でないと色々必要なことが集まらない。

④社長就任時に同業他社の社長・会長や、アサヒビールの取扱店を一件づつ回り、問題点について尋ね歩いた行動力です。

「叩かない扉は開きません。」「尋ねなければ、誰も話をしてくれません。」といった言葉は胸に響きました。

 

投稿日:2021/02/28   投稿者:道場 肇