シェアハウスアンケート調査

みなさま、おはようございます

富山大学の学生さんからシェアハウスに関するアンケート依頼がありました。

その学生さんは人間関係の形成に関心を持ち、卒業論文研究に取り組んでいるとのことです。

研究を深めていく中で「福祉型シェアハウス」の存在を知ったこときっかけにシェアハウスの可能性について注目しているとのことです。

数々の事例を知るうちに、地縁でも血縁でも社縁でもないつながりが人間関係を形成する際の選択肢あるいは

その形成の一助にならないかと仮説を立てたとのことです。

指導教員からもシェア居住がもつ意義や可能性について現場の方々と共有していくことは、当該学生の

一研究にとどまらず、今後の多様な住まい方やそこから得られる人間関係への効果を明らかに

することに資すると見解が述べられており、アンケート調査の協力依頼がありました。

オーナーさんと一緒にアンケート調査にしっかりと答え、実りある研究の一助になれればと考えます。

投稿日:2021/07/05   投稿者:道場 肇