管理業務について

みなさま、おはようございます

本日は、管理業務についてです。

不動産管理とはどういったものでしょうか?

共同住宅、貸家、事業用物件などの管理には色々な方法があります。

主な業務は次の通りです。

①空室の募集 ②契約の締結 ③契約更新および家賃改定業務 ④家賃の集金、滞納者への督促業務

⑤家賃の送金業務 ⑥退去時敷金の精算業務 ⑦修理の発注業務 ⑧鍵の保管業務 ⑨入居者との意見調整業務 

⑩共益清掃業務 ⑪ 敷地内の樹木管理業務 ⑫町内会費、共益部分の電気・水道・浄化槽の清掃費などの支払い業務 ⑫コンサルタント業務

一連のパッケージであると思われますが、ご希望に応じて柔軟に対応可能です。

また、管理業務については、来年6月までに任意の登録制度から200戸以上の管理物件を保有の管理会社に

対して、法律により登録が義務化になります。

弊社は、任意の登録制度に加入しておりましたが、現在義務化に向けた書類提出を準備しております。

不動産の売買、賃貸の際に必要である宅地建物取引士の免許の他に

管理業務を行うことを目的に、賃貸不動産経営管理士の資格が新たに加わりました。

現在4名の資格保有者を有しており、今年新たに1名受験する予定となります。

これからますます管理業務について専門性が求められることが予見されます。

投稿日:2021/08/08   投稿者:道場 肇