最近の図書【朝日新聞政治部】

みなさま、こんにちは

本日も3日間連続して最近の図書についてです。

鮫島浩さん著書の【朝日新聞政治部】です。

ここまで赤裸々に包み隠さず自分が思い、感じたことを語ることが出来るのか?

色々賛否分れる内容と思われますが、生きるということ大変なことだけだ

だからこそ面白いということを教えていただきました。

序章において、奥様から【傲慢罪】との指摘に我に返った著者が

何のために、どうあるべきかを模索していたサラリーマン時代を過ごしていたか

手に取るようにわかりました。

コロナ禍において、世の中が暗澹としている中、それでも自分が思った道を突き進め

とエールをいただいた図書でした。

投稿日:2022/07/13   投稿者:道場 肇