低未利用地の利用状況について

みなさま、こんにちは

令和2年7月1日に創設された低未利用地の特別控除制度についてですが、

国土交通省が利用状況を発表しました。

低未利用地の特別控除制度は使われなくなった土地、建物を、一定条件のもとで

譲渡した人の譲渡益(譲渡所得)から100万円を控除することに

よって、土地、建物の流通を活性化されるという制度です。

売買金額500万円が上限があります。

今年12月末までの期限でありますが、利用状況によっては期限延長も見込んでいるとのことです。

令和2年7月から12月までの利用状況は2,060件、

令和3年1月から12月までの1年間の利用状況は3,090件で、合計5,150件とのことです。

詳細は次の国土交通省のページをご参照くださいませ。

001491974.pdf (mlit.go.jp)

制度の延長や現行500万円が上限のところ、上限価格が引き上げられることも検討されているとのことで

制度を活用することによって、土地、建物の流通の活性化に寄与するものと考えます。

但し、特別控除が認められるためには、一定の条件が課されておりますので、

詳細については次の小松市のホームページをご参照および建築住宅課にお問い合わせくださいませ。

低未利用土地等確認書の発行について(低未利用地の利用促進に向けた長期譲渡所得控除について)/小松市ホームページ (komatsu.lg.jp)

投稿日:2022/10/10   投稿者:道場 肇