日記

DIARY

みなさま、こんにちは

本日は、7月度課題研究発表【第Ⅸ】テーマ:電力事情についてです。

1.テーマを選んだ理由、その問題意識

身近にありますが、なぜそういった事が起こるのかと気になる点が多く知らない事もある為、興味を持ちました。

 6月に全国的に記録的な猛暑になった今年、5月に新設された「電力需給ひっ迫注意報」が東京電力管内で発令されました。「電力需要ひっ迫注意報」は予想される電力の需要(使用量)に対して、供給量の余力(予備率)が5%以下の見込みになった場合、前日の16時頃に経済産業省エネルギー庁より発令されるようになっているみたいです。

また似たものとして、「電力需要ひっ迫警報」がありますがこちらは、予備率が3%以下の見込み、または下回った場合、発令される警報みたいです。こちらは2012年から運用が開始されて2022年3月に初めて発令されました。

発令された電力需要ひっ迫注意報は6月30日で一度解除されましたが、そもそもなぜこんなに電力需給が厳しくなってしまったのか疑問に思い調べてみました。

2.調べた結果どのようなことがわかりましたか。

また、得た知見を今後どのように生かしていきますか。など、設問にこだわらずに自由に記載してください。

 1番の要因として6月に記録的な暑さが続いたことが大きく、冷房の使用による電力需要が急増しました。政府や電力会社も、急だった為十分な準備ができていませんでした。今年の夏は電力の需給が厳しくなる予測で節電が呼びかけられており、電力会社も夏に備えて電力を確保しようと、停止していた火力発電を復活させようと予定していました。

また、発電所の補修時期も、需要が高まる時期にかぶらないように対応していました。しかし、そのほとんどは7月からの運転開始予定であり、6月末の電力ひっ迫には間に合いませんでした。

このような気候状態では、太陽光発電の出力に頼ることができるのではないかと考えられますが、太陽光発電の出力は昼がピークであり、まだ明るいと思われる夕方でも出力は5分の1程度まで落ちるそうです。さらに、発電した電力を蓄えておく蓄電池の性能もまだ十分ではありません。

また、太陽光発電が増えすぎると電力の供給力が足りなくなっている理由にもなっているようです。太陽光発電が増えると、火力発電の稼働率が落ちてしまうようです。電気は需要と供給が常に一致していないと、停電が起きてしまうという特性があるみたいです。これはバランスが崩れると電気の質が悪くなり、発電機が故障を防ぐために自動的に停止して、広域停電となってしまいます。

太陽光発電は夜は発電できず、天気にも左右されます。このため太陽光発電が稼働できない時は、火力発電が需要に応じて供給量を調整しています。火力発電所は安定して昼夜稼働を続ければ効率が良くなり、稼働率が上がりますが、短時間だけ動かすと効率がとても悪いので、メンテンナンスにコストを割くことが厳しい状態です。その結果、もともと老朽化した火力発電所が多かったこともありますが、全国で火力発電の休止や廃止が増えてしまいました。原子力発電も福島第一原子力発電所の事故後、厳しい規制基準を導入しましたが、地元の同意等、簡単に再稼働を進められる状態ではありません。

今回はなんとか電力ひっ迫を乗り越えることが出来ました。節電を呼びかけてそれに答えてもらったり、企業の自家発電分を大量に供給してもらったことが大きな助力となったようです。また電力会社側の動きとしては、他の電力会社の管内から電力の融通を受けことが挙げられます。その他にも、揚水発電が挙げられます。揚水発電は、ダムの水を高い場所にくみ上げて、低い場所に流す際の水の流れで発電する方法で、夜のうちにくみ上げた水を、電力が足りない時に放出して発電する事が出来ます。これを太陽光の出力が落ちる夕方に集中させて、一番厳しい時間帯をしのいだようです。こうした様々な対策を総動員して、乗り切ることが出来たみたいです。

現在は、火力発電の追加増強分が稼働しているはずですので、改善はされていると思います。しかし厳しい状況は続くようで、政府の見通しでは、安定供給に必要最低限とされている3%は少し上回るが、余裕がある状況ではないようです。火力発電所に大きなトラブル等があれば、すぐに危険な水準となる可能性があります。残りの夏も、体調を崩さないように気をつけながら、節電を心がけていく必要があると思いました。

投稿日:2022/07/31投稿者:道場 肇

みなさま、こんにちは

木造アパートで問題になること言えば、音に関することが多いです。

上下階の音、また、隣の部屋からの音、

生活音から外の車が走る音まで、色々な音があります。

音について問い合わせを受けた際に、現地確認を行い、音の発生原因を調べるようにしております。

そこで、今回、次の遮音パネルを追加で貼る、遮音性能を上げる工事を行いました。

【遮音パネル12.5】
石膏ボードと突起付制振マットを積層した、12.5mm厚のクロス仕上げ用遮音下地材。

入居者様に確認したところ、遮音性に効果があるとのことです。

施工した部屋に入ってくる音について一定の効果が見られたもので

施工した部屋の音が外部に漏れる効果については検討する必要があるかもしれません。

 

 

投稿日:2022/07/30投稿者:道場 肇

みなさま、こんにちは

昨日、傘立てを新調しました。

これまでの傘立ては円形の物で10本入ると一杯になり、それ以上は上に重ねており

見栄え的にも、また、傘の状態を考えても決していいことではありませんでした。

社員の一人が傘立てを購入したいと申し出、注文、商品が届きましたら、

別の社員が開封して、組立を行いました。

職場を快適にする環境整備は社員の権利であって義務でもあります。

気が付いた人が購入して、組立、設置をする。

そして、使用する社員一人ひとりが整然とした状態に保つことを心がける、

靴を揃えることと同じように、傘立ては奥から、向きを揃える。

一見したらどうでもいいことかもしれませんが、きれいで安全な状態として

保つことによって、他の方が使用しやすく、また、問題があれば、目に留まりやすくなると思います。

職場をよりいい状態に、そして快適な状態にする環境整備は、社員の権利であって義務でもあります。


投稿日:2022/07/29投稿者:道場 肇

みなさま、こんにちは

7月26日の朝礼後に研修会を実施しました。

経営実践書に記載している項目についてみんなで協議する内容で、今回は社員が輝くための方針

(社員と支える家族がより幸せになることではじめてお客様をより幸せに出来る)

①人事、②給与、③賞与、④採用、⑤退職者、⑥嘱託、⑦パート、⑧資格取得、⑨朝礼、⑩シフト、

⑪遅刻・早退・休み、⑫退社時間、⑬冠婚葬祭、⑭幸せになる取り組み、⑮出張、⑯発表会、⑰服装、⑱禁止事項、⑲障がい者

の19項目に関する内容からみんなが気になった項目(内容)について深く掘り下げ協議しました。

①人事:成長の目的【働くことで得られる幸福実現】とはどのようなことを意味するのか?

人は誰かの役に立つことで幸せを感じることが出来る。

ありがとうと言われるように言うように行動することが大切なのですが...。

採算が合うか、損得で物事を判断しまいがちになります。

今日は誰かのお役に立つことが出来たのか?誰かのお世話になったときにありがとうと言えたか?

⑨朝礼:意義、目的

会社はチームです。朝礼は情報の共有、密なコミュニケーションの場だけでなく、

仲間意識を高める場、自分で考え、主体的に行動出来る、人間的成長を促す場になればと考えております。

縁あって集まった仲間がよりいい環境、関係となるようにみんなで力を合わせることが大切であります。


投稿日:2022/07/28投稿者:道場 肇

みなさま、こんにちは

本日も7月度課題研究発表【第Ⅷ】プラスチックごみ問題についてです。

1.テーマを選んだ理由、その問題意識

自分の生活を振り返るとほぼ毎日プラスチックやペットボトルなどを利用しています。使わないと生活が成り立たないくらいです。その分、出るプラスチックごみの量は多くなります。

プラスチックは自然に分解されずマイクロプラスチックとなり海洋へ流れ込み、問題となっています。まず家庭でできる事として、普段ごみの分別はしていますが、その後どのくらいリサイクルされているのか気になったので選びました。

 2.調べた結果どのようなことがわかりましたか。

また、得た知見を今後どのように生かしていきますか。など、設問にこだわらずに自由に記載してください。

日本で年間排出される廃プラスチックの量は2020年時点で822万トンだそうです。とても多くて驚きました。そして世界全体で海洋に流れるマイクロプラスチック量は年間1000万トンとのことで、生態系にも影響を及ぼしています。

しかしプラスチック製品を一切使わない生活は不可能だと思います。大切なのは過剰に作らないことや、分別しリサイクルをすることです。

プラスチックごみの中でも、ペットボトルは単一の素材でできているためリサイクルに適しているそうです。日本では家庭でのごみ分別がしっかり行われていることもあり、リサイクル率は88.5%に上り、海外に比べると高水準とのことです。

今回調べてみて、これからもきちんと分別を続けていき、買い物をする時は過剰包装の物は買わないようにする、マイバックを使う、アップサイクルしている商品を選ぶなどSDGsに貢献していきたいと思いました。

 

 

投稿日:2022/07/27投稿者:道場 肇